建築模型資格おすすめ情報比較サイト

住宅模型・建築模型って何のこと

完成図を立体的にしたもののこと

住宅模型・建築模型は、実際に立てる建物の完成図をイメージしづらい平面図から、立体図にすることで構造や形を分かりやすくしたものです。

 

あくまでも参考資料としての位置付け

住宅模型・建築模型はプレゼンテーションなどで使用する参考資料としての位置付けになります。

 

スタディ模型は4段階に分かれる

設計計画の段階からインテリア模型製作まで、4段階の模型作成があります。

 

比較ページへのリンク画像!!

住宅模型・建築模型ってご存じですか。たいていの人は、見たことがないと思いますが、注文住宅を建てた人なんかは建築会社から見せてもらったことがあるかもしれません。住宅模型・建築模型は、実際の建てものの完成図をイメージしずらい平面図から立体図にすることで構造や形を分かりやすくしたもののことを言います。一般的には、建築関係のコンペなどで説得力を持たせるために使われたりしています。設計作業では、住宅模型・建築模型を活用することで、デザインなどの内容を伝えることが簡単になります。

 

模型とは言いますが、住宅模型・建築模型は模型自体を製作することが目的ではありません。あくまでも、家などをを建てる際の参考資料としての位置付けです。そのため、住宅模型・建築模型を作るには、模型の使用目的や製作時間、どの程度本物に近づけるのかや、製作費用など考慮しなければなりません。住宅模型・建築模型を製作することに時間がかかりすぎてしまうと、本来のプレゼンテーションなどが疎かになってしまいます。そのため、外部受注する会社が増えてきています。

 

では、住宅模型・建築模型はどのように製作するのでしょうか。一般的に、建物を設計段階から考える時に形や外観のシミュレーションのために作る模型のことをスタディ模型と言います。このスタディ模型は、建物の空間を検討するために製作するものですので、色付けなどの細かな装飾をつけたりはしません。スタディ模型にはいくつかの種類があり、段階によって製作するものに違いがあります。

 

まず、最初の段階で製作するは、建物の基本的な方針についてスタディを行う際に使用するものです。視覚的に、敷地の利用を検討するためのものになります。次の段階としては、建物の全体感や庭などの位置関係を中心としたスタディ模型になります。だいたいの建物のイメージがとらえられたら、より細かいデザインを検討していきます。ここでは、建主に対し設計の基本的な進め方を説明するために使用することになります。最後は、インテリアなどの設計を説明するために使用するスタディ模型になります。このように、ひとえに住宅・建築模型といっても段階があるのです。

建築模型士を目指すにはどんな方法がある

建築模型士になりたい人は就職かフリーランス

建築模型士になるには、建築関係の企業へ就職するか副業としてフリーランスになる選択肢があります。

 

建築模型士に向いている人、向いていない人

建築模型士は、フリーランスとなる場合にはスケジュールの管理ができることが重要です。

 

建築模型士になるには通信講座がおすすめ

建築模型士になるには、通信講座で学ぶことがいちばんの近道になります。

 

建築模型士として仕事を受注できるまで

建築模型資格おすすめ情報比較サイトのサムネ画像

住宅模型・建築模型の製作する人のことを一般的に建築模型士と呼びます。住宅や建物のミニチュア模型を製作することがメインの仕事となりますが、「建築模型士」という資格はありません。資格は必要ないのですが、模型を製作するために建築図面がある程度読める必要はあります。基本的には建築会社や設計会社などに就職して技術を磨くことになりますが、もちろん通信講座などで学ぶことで初心者でも建築模型士になることは可能です。通信講座であれば、「実践建築模型認定試験1級、2級」や「建築模型技工士インストラクター」の資格を取得することもできるため、仕事を受ける時に自分の技術力をアピールすることができます。

 

何事もそうですが、職業によっては向き不向きなどがあります。建築模型士の仕事は、細かなパーツを組み立てていくものになります。設計計画の最初の頃のスタディ模型を製作するには、スケール(縮尺)は小さいものですと1/1,000程度となることもあります。ですので、手先が器用な人や模型作りが好きな人が向いている仕事と言えるでしょう。もちろん、不器用でも建築模型士に興味があり意欲と根気があれば、慣れにより技術を習得することは可能です。なによりも重要なのは、納期の管理力です。住宅模型・建築模型を発注する側は、クライアントなどへのプレゼンテーションで、模型を使用することが想定できます。ですので、納期をしっかりと守れる人であることが最低限の条件になります。

 

では、実際の建築模型士の就職状況は、どのようになっているのでしょう。住宅模型や建築模型の製作は、ハウスメーカーや設計事務所、建築事務所などの社員が仕事の一環として行うのが一般的です。建築模型士として採用されたわけでなくても、模型製作を行うことが多いようです。そのため、正社員としての求人はほとんど見かけません。また、通信講座を受講した人や建築関係での勤務経験があり設計図を読める人が副業として、在宅で仕事することができます。基本的に在宅でできる仕事ですので、本業は他にあり副業として収入を得たい場合にはおすすめの仕事と言えるでしょう。

 

ここで気になるのが、建築模型士のお給料や待遇です。先ほどもご説明した通り、建築模型士の資格での正社員採用はほとんどありません。例えば、設計事務所に就職し建築模型をメインの仕事として行う場合は、月20万円程度が相場と考えられます。業務の一環として模型製作を行う場合は、年収で考えると300万円〜400万円程度となります。一般的な会社員と、同じと考えるといいでしょう。副業として個人で建築模型を製作する場合は、1個につき数千円から数万円のものが相場となります。納品する個数が多ければ収入は増えますので、製作スピードが早ければ収入が増えることになります。

 

建築模型士の収入はだいたい把握できましたでしょうか。次は、建築模型士の待遇についてご説明しましょう。設計事務所などの企業へ勤務していれば、会社員となるため一般的なサラリーマンと同様の待遇になります。しかし、副業で収入を得る場合にはフリーランスとなるため決まったお休みなどは設定されていません。ここでも、自分で製作日数などを勘案して休日を作らなければなりません。納期が迫っている場合の仕事に関しては、企業へ勤務している場合も副業の場合も夜間まで及ぶこともありますので、お給料以外ではあまり差はないとも考えられます。

 

ここからは、建築模型士の将来性について見てみましょう。建築模型士の仕事は、正社員としての就職先はほとんどありませんが、住宅模型・建築模型を必要とする会社はあります。プロに依頼すると、100万円単位の費用を要するため、簡易的な模型であればフリーランスやアルバイトへ依頼したいと考える会社が多いためです。もちろん、建築関係の企業で経験を積みながら技術を得てもいいでしょう。しかし、副業やフリーランスとして早く仕事を受注したい場合には、建築模型・住宅模型資格講座などの通信講座を利用するのが近道と言えるでしょう。

 

 

副業を考えているなら、卒業と同時に資格が100%取得できる「建築模型・住宅模型資格講座」が人気です。
要点を紹介するキャラクター

 

おすすめの建築模型資格講座を比較しました

建築模型・住宅模型資格講座

建築模型・住宅模型資格講座の特徴

建築模型・住宅模型資格講座では、SOHOなどで人気の建築模型・住宅模型の技術を得ることができる講座となっています。卒業時には、「実践建築模型認定試験1級、2級」と「建築模型技工士インストラクター」の資格を取得することが出来ます。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
建築模型・住宅模型資格講座の総評
  • 初心者でも技術を身につけることができます
  • 卒業時に2つの資格を取得することができます
  • SOHOなどで人気の高いお仕事です
詳細レビューへ建築模型・住宅模型資格講座

模型資格取得講座

模型資格取得講座の特徴

模型資格取得講座は、副業やプロの住宅模型製作者になることができる講座です。プラチナコースは、試験免除のため卒業すると同時に「実践建築模型認定試験1級、2級」と「建築模型技工士インストラクター」の資格を取得できます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4
模型資格取得講座の総評
  • 完全初心者でも仕事で使えるレベルになれます
  • 講座は、資格対策講座として作成されています
  • 基本コースとプラチナコースの2種類が用意されています
詳細レビューへ模型資格取得講座

建築模型・住宅模型デザインコースはここが人気

資格取得で外部受注者として登録することができます
気軽に学ぶには初級者コースがおすすめ
プロとして活動するなら資格取得コース

性別や年齢などを問わずに、誰でも技術を学べは副業として収入を得ることができるのが建築模型・住宅模型です。建物や庭などの完成予想図を3次元で表すもので、実際に雰囲気などを想像しやすいため重宝されている技術です。模型のスペシャリストを目指す人などにも人気で、趣味の延長として学ぶこともできます。お仕事としては、自宅などで模型製作スクールを開いたり、製作した模型を販売することもできます。また、「実践建築模型認定試験」に合格することで外部受注者として登録することができます。

 

気になる建築模型・住宅模型資格講座のコースは、2コースが用意されています。まず、気軽な模型作りや簡単な作業を覚えるだけで良いという方向けには、「建築模型・住宅模型デザイン2級取得講座」がおすすめです。教材には模型を作成するための材料一式に加えて、実践建築模型認定試験2級問題集と定期テストが含まれており、試験対策ができるようになっています。受講期間は最短で2ヶ月〜最長6ヶ月で、きちんと評価を受けるために、添削を受けることができます。

 

在宅ワークやSOHOでの副業を目指す方には、卒業と同時に3つの資格を取得することができる「建築模型・住宅模型デザイン1,2級取得講座」がおすすめです。こちらの教材には、RC造住宅と木造住宅に対応した制作技術を学ぶことができ、卒業試験に合格すると建築模型技工士マスターの建築模型資格が認定されるようになっています。さらに、実践建築模型認定試験1,2級問題集+定期テストが含まれていますので、試験対策もばっちりです。最短2ヶ月〜最長9ヶ月受講することができて、こちらも添削を受けることができます。

 

建築模型・住宅模型資格講座

 

クチコミ情報

女性など模型の作業に対して器用な方に適している

子供の頃から、作ることが好きな方であれば、建築模型・住宅模型資格講座を受けられることをお勧め出来ます。この資格の楽しい所は、建築の知識を勉強された方であれば、模型も作ることが出来るということです。模型を作る時には、実際の建築物を縮小して作ることが多いので、まず、平面図や立面図などを把握出来なければ、模型は作れないので、建築模型・住宅模型資格講座で、設計図面から模型を作れるような知識を勉強することになります。実際の建物から何分の一の模型を作る時には、実際の設計図面の数値から、縮小したい数値に直す必要があります。

 

建築模型・住宅模型資格講座を受けられて、資格取得が出来れば、建築会社に就くことが出来、模型作りをする部署に配属されることもあります。建築関係の業種で、活躍が出来るのは、多種ありますので、資格を取得しておいて損はないです。建築関係の会社で、模型を作る仕事に携わっていると建築の細かい部分まで、知識として頭に入るので、スキルアップも出来ていいですね。住宅であれば、そんなに時間がかからずに作ることが出来ますが、マンションなど巨大な建物となると、それだけ時間がかかることになります。

 

住宅など建てる時と同じように、寸法をきちんと測って建てて行くのと同じように、模型も同じように測りながら作ることで、完成がすごく綺麗に仕上がります。ということから、この仕事は女性のような几帳面さがとても重要となります。仕事で行う時には、完成させるまでの期間も決まっている場合が多いので、建築模型・住宅模型資格講座で、作る手順を習得することで、スムーズに模型を作っていくことが出来るようになり、興味がある方であれば、仕事が楽しく感じられます。出来た模型はどこかで展示されることになるので、それを見るたび自分が作った模型として、自信を持てるようになります。

 

建築模型・住宅模型資格講座で模型作りに挑戦

模型を作る事にハマっており、何か副業として役立てる事が出来ないかと考えていた時、建築模型・住宅模型資格講座を見つけました。建築模型・住宅模型資格講座は、趣味として模型を作ったり、副業をしたいと言う人におススメの講座になっているので、受講をしてみてとても楽しかったです。建築模型や住宅模型は簡単な様で意外と難しく、完成を想像しながら作って行きますが、ちょっとしたミスが大きく響いてしまう事があります。建築模型・住宅模型資格講座では、模型に関する制作技術を向上させたり、技能を高める事が出来るのですごく良かったです。

 

また、建築模型・住宅模型資格講座を受講する事で、インストラクターの資格など目指す事も出来るのでとても役立ちます、技能やスキルを伸ばしつつ、試験勉強もする事が出来るのでやりがいがありました。建築模型は大変奥が深く、いかに最終的に出来上がる立体的構造を頭の中に入れて作る事が出来るかが大切になると思います。その部分も基礎からしっかりと学ぶ事が出来るので、これまで一度も作った事が無い人でも勉強を開始する事が出来ると思いました。

 

建築模型・住宅模型資格講座で学ぶ知識は、実践ですぐに役立てる事が出来るものなので、受講する価値があると思いました。しかも重要な部分を確実に覚える事が出来る様なカリキュラムになっているのですごくおススメです。教材も届いたその日からしっかり学ぶ事が出来る物になっているので、安心して勉強を開始する事が出来ました。また、資格を取得すれば自宅やカルチャースクールの場で講師としても活躍する事も出来る様になるので、副業にも大変有効です。今後は取得した資格をいかし、副業に活かしていきたいと思います。その為にも、建築模型・住宅模型資格講座を受講して資格を取得する事が出来大変良かったです。今後も自分のスキルを伸ばす為に、通信講座を利用していきたいです。

 

比較ページへのリンク画像