建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす

仕事などで建築模型を作っていこうと考える時、必要最低限のアイテムを用意しなければなりません。作り方は基本的に決まった方法がないので、色々な方法を把握しながら丁寧に作っていくようにしましょう。インターネットなどでも調べることができるので、スムーズに理解することもできます。

制作に必要な道具や材料を準備する

建築模型を製作する際に、基本的な作り方をマスターする前に道具や材料を準備するようにしましょう。まず標準のサイズで構わないのでカッターナイフを準備します。グリップにゴムがついているものだと握りやすいため、建築模型を作る際に活用することができます。切れ味を長持ちさせるカッターマットも用意することも忘れてはいけませんが、正確に作る際に模型定規を活用します。細かい部分を製作する上で、手元が狂わないようにピンセットを利用します。製作する材料としてスチレンボードやペーパーなどを利用していきますが、これらの材料は美術画材店などで購入することができます。また最近ではネットショップでも格安で販売しています。これらの道具や材料を用意して、作り方をマスターしていくようにしましょう。

様々な模型の種類からベストなものを選択する

製作する建築模型は色々なタイプがあるので、作り方をマスターする際に種類を把握してから進めていくようにしましょう。製作する上で細かい部分を作ることもありますが、特に時間がかからないのが図面添付によるスタディ模型です。これが一番早い製作する時間がかからない建築模型ですが、立体的に見せることができます。そのために建築士などと打ち合わせていくことになるので、事前の準備で時間をかけます。基本的な材料としてスチレンペーパーが最も利用しやすいので、あらかじめ用意するようにしましょう。他にもスタディ模型の定番としてスチレンボード仕上げ模型がありますが、使用するスチレンボードは最低で1ミリ、最高で10ミリまで提供されています。それぞれの厚さを活用すると、表現が変わって魅力も増していきます。

スチレンペーパーを活用してスムーズに作る

カラー紙なども利用して建築模型を作っていきますが、インターネットで作り方を写真付きで掲載していることがあります。中でもスチレンペーパーによって作るものが主流になっていますが、図面を用意している時には、図面にスチレンペーパーを直接貼り付けていくとスピーディーに仕上げていくことができます。最初に材料となるスチレンペーパーを用意してから、建築図面を準備します。この時に住宅模型だと、50分の1のサイズにしてプリントアウトを行います。手書き図面ならばコピー機を活用して、サイズを調整しながらプリントするようにしましょう。本体の制作ではスチレンペーパーの表面に紙が一切貼られていません。そこを厚さを変えていきながら、頑丈かつ細部までこだわった建築模型を製作することができます。

まとめ

隅々まで細かく建築模型を作る時には、作り方をある程度理解してから進めていくとスピーディーに完成することができます。道具や材料を準備して、満足の行く模型を作り上げていくようにしましょう。低コストで製作することもできるので、細部までこだわって完成に向けて取り組んでいきましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう