内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負

内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負

よく住宅展示会場などで目にすることがある建築物の模型ですが、あれは本当に繊細に作られています。これを作り上げるのは建築模型士という職業の方なのです。手先が器用だけでなく、建築の知識もここでは必要になります。

パンフレットに載っている建物外観はイメージ

記事のイメージ画像

マイホームというものは、おそらく一生のうちで一番の高額なお買い物になるのではないでしょうか。現代では戸建て派ですとか、マンション派ですとか、そういう好みや価値観で二通りに分かれていますが、どちらにしても自分の住まいを持つということは大変なことには変わりありません。いざそれを購入しようとしたとき、やはり家の外観はもとより、内装や設備仕様などが気になります。特に外観は見ておきたいところです。ところが、たとえば分譲マンションを購入するとき、パンフレットや社内資料というものを渡されます。そこには建築物の外観も出ていますが、実はその時点ではまだ建物は完成していない場合が多いのです。

図面だけでは分からない部分を模型で紹介

住宅展示会場やモデルルームへ足を運んだ方なら、そこに飾られている建築物の模型を目にしたことがあるのではないでしょうか。おもちゃのように小さいながらも、実際の建築物に近い状態で仕上がっています。あれは別に飾り物ではありません。住まいの購入を考えている方に、前述のようにその時点ではまだ完成していない実際の建築物に近い形でイメージしてもらうためのものなのです。建築士ではないのですから、図面だけを見せられても実際の形は想像できないのが普通です。この建築物の模型を作る人は建築模型士と呼ばれ、それを職業にしています。

モノ作りが好きな人には最適な仕事

このような精密な模型を作る建築模型士の職場というのは、ハウジングメーカーや建設会社、設計事務所、または建築模型会社などで働く場合が多いですが、技術を持っている方は内職としてやられている方も少なくありません。たとえば、家庭の主婦で決まった時間に出勤することが難しいという場合や、自営業など他に仕事を持っている方などが、自宅で好きな時間にできるという利点が内職にはあります。また、今はこうした建築模型士の資格もありますから、それを取得してフリーランスという手段で仕事をすることも充分に可能です。どういう働き方をするにしても、モノ作りが好きな方には最適な仕事となります。

まとめ

住宅展示会場やモデルルームなどに飾られている住まいの模型は、建築模型士が作る建築物の完成予想模型です。住宅購入を考えている方はこれを見て実際の住まいをイメージします。建築模型士の仕事は、企業に勤めるほか、内職としてやられている方も多いです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう