建築模型士としてキャリアアップを目指す方法

建築模型士としてキャリアアップを目指す方法

ビジネスとして建築模型士として仕事をしていく中で、将来は独立したいと考えたり年収などをキャリアアップとともに上げていきたいと考えている人も多いです。実際に資格を取得してから、本格的な仕事を行うまでの流れを確認しておきましょう。

どのようにして資格を取得するか把握する

建築模型士というのは通信教育を提供するセンターによって認定されている、民間資格の一種です。実践建築模型など類似した資格もありますが、建築模型士として仕事を行う上では資格は基本的に必要ありません。しかしキャリアアップを目指すためには資格取得以外にも、建築関連の知識や高度なスキルを必要とします。大半の建築模型士は図面を読み解く基礎知識を持っており、その多くは設計事務所などに就職しています。知識と経験を仕事を通じて身につけていき、実力がついた後で独立を検討している人も多いです。通信教育は料金が6万円程度となっていますが、受講しながら課題となるレポートなどを提出していき、完了をした後で資格を手に入れることができます。

取得する級によって作業内容が大きく変わる

通信教育を終えた後で建築模型士の2級に関する認定試験を受験していきますが、合格をした時には2級をもらうことができます。一方で不合格となると3級をもらうことができますが、キャリアアップを検討する時には2級は必須といえるでしょう。というのも作業範囲が決められており、2級だと建物の外観まで作成することができます。キャリアアップして1級を取得すると、アーチといわれる局面を取り入れた建物の内部も作成する業務を担当します。難易度がかなり高くなるだけでなく、採点基準が非常に厳しいので合格は難しいでしょう。しかし副業などのキャリアアップを検討する際には必要不可欠で、仕事内容にも大きな影響を与えます。

将来を検討する際にニーズを把握する

記事のイメージ画像

建築模型士としてキャリアアップを目指していく時には、最初に建築事務所などでスキルアップを行いますが、そこで受注するケースは色々とあります。例えばマンションやイベントホールなど、規模の大きな建築物についてはエントランスやロビーも模型にすることがあります。その時にアクリル製となっているだけでなく、レーザー加工やラッカー塗装などで仕上げていくので、機材を用意するだけでコストがかかります。個人でキャリアアップを目指すならば、ニーズとしてスタディ模型が非常に多いので作り方をマスターしておきましょう。建築事務所でも製作されている検討用の模型となるので、正確に再現してビジネスに活かすことができます。

まとめ

建築模型士は最初は案件を受注する建築事務所などに就職して、基本的な業務を担当しながらスキルアップを目指していきます。そしてスキルをある程度積んだところで独立も検討していきますが、ニーズが変化する中で状況を把握する力も必要です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう