建築模型における資格取得のメリットと現場の対応

建築模型における資格取得のメリットと現場の対応

様々な業種が建築業界にありますが、どのような住宅や店舗を建築するか模型にしてシミュレーションすることがあります。その模型を建築模型と呼んでいますが、専門で製作する業種もあります。その業種に就くために必要な資格があるか調べて、専門的な知識などを学んでいる人も少なくありません。

ニーズの高い職種となっている建築模型士

住宅などを建設する際に、あらかじめシミュレーションできるように細部までこだわったミニチュアの建築物を製作することがあります。実際の図面を利用しながら製作することがありますが、実際に建設する前の大切な資料となります。ミニチュアになりますが、実際に使う図面に即しているのでシミュレーションにもってこいです。また立体的な模型になるので、見ている人にとっては建設物の完成に関して、具体的にイメージしていくことができます。経験を積みながら建築模型士になる人も多いですが、これから学びたい人にも通信講座が提供されています。知識を生かしながら仕事を行いますが、年収は平均して300万円から400万円程度といわれています。フリーランスとしても仕事をすることも可能なので、仕事の幅も広がっていくでしょう。

ミニチュアの模型を作る作業が中心となる

建築模型士としての仕事は、主に住宅などを建築する時にシミュレーションできるようにミニチュアの模型を製作する仕事となります。実際の図面を把握しながら建築模型を製作するので、チェックした人が実際の建築物を立体的にイメージすることができます。住宅模型やスタディ模型、さらに展示用模型といった種類があるので、それぞれ製作する方法や知識などが必要です。あらかじめスキルを身に着けておくことによって、仕事として活かすことができるでしょう。作成する目的もバラバラで、実際に物件を購入する時にイメージすることができるように作ったり、イベントなどで大型施設を利用して案内などを行う時に活用することができます。求められる要素も依頼によって異なるので、簡易的な模型から複雑な模型まで問われるでしょう。

仕事をする上では基本的に知識などで十分対応可能

基本的に建築模型士になるために必要な資格は一切ありませんので、作り方などを理解して業務に活かしていくようにしましょう。手先の器用さなども仕事では資格以上に求められることがありますが、他にも建築に使用する図面を理解するスキルなども必要です。模型を作成する上で図面をある程度読む基礎的な知識は必要不可欠と言えるでしょう。設計事務所など建築関連の企業に就職しながら、知識や経験を積み重ねていくことになります。さらに未経験から副業という形で建築模型に携わる仕事を行うこともできるので、主婦などにも人気が高いです。しかし未経験だと、通信講座などで学んで知識や技術を理解しましょう。通信講座で独自の資格を取得可能ですので、就職などで客観的にアピールすることもできます。

まとめ

住宅や施設などのミニチュアの制作が中心となる建築模型士ですが、資格を取得しなくても立派な仕事として成立します。しかし取得しておくと仕事などでアピールポイントになるので、しっかりと知識などを学んでおくようにしましょう。年収などに反映されるので、将来を見据えた仕事も行えるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう