建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか

建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか

世の中には様々な仕事が存在しています。現状に不満があるのであれば、好きな仕事に変えてみることは悪くないと言えます。そこで、建築模型士として働くことをおすすめします。ニーズがあるので、良い選択だと言えます。

どのような仕事なのかをまず知ろう

建築模型士は住宅や施設のミニチュアを作る仕事になります。立体的なミニチュアを作ることで、その住宅や施設をイメージしやすくなるので、プレゼンなどでよく利用されています。また、展示用を使われることも多くあるので、技術力の高い人には多くの依頼がされます。住宅メーカーなどに就職して働く選択肢もありますが、フリーランスとして働くことも可能です。また、資格がないので誰でも始めることができます。ただ、全く知識がない方には難しいので、スクールなどで勉強してから始める必要があります。何も勉強せずに始めてしまうのはナンセンスです。

どういう人に適している仕事なのか

それではどういう人に向いている仕事なのかを見ていきます。まず、かなり細かいパーツを組み合わせて作るので、手先が器用な人が向いています。実際にやってみると、細かい部分まで再現しなければいけないので、器用でない人にはかなりのハードルとなっています。また、長時間集中して行うことも大事になります。フリーランスであれば全て一人で行う必要があるので、仕事量は決して少なくありません。フリーランスと聞くと自由に働くイメージがありますが、長時間集中して行わないと納期に間に合わなくなってしまうので、集中して仕事ができない人には向きません。

フリーで稼いでいくために大事なこと

建築模型士がフリーランスで成功させるために大事なことを見ていきます。一つ目は納期を必ず守ることです。プレゼンなどで使うので、納期を守らないと企業にかなり迷惑をかけてしまいます。信頼してもらうためにも、必ず納期までに完成させることを心がけてください。依頼された仕事を全て請け負うのではなく、自分のできる範囲で請け負うべきです。2つ目は、建築に関する知識もある程度は必要だということです。図面の読み方やCADなどの知識がないとクオリティの高いものを作ることができません。したがって、建築の勉強をしたことがない方は、図面の読み方などを学ぶべきです。

まとめ

建築模型士はフリーランスでも上手くいけば食べていけるので大丈夫です、最初は収入が少ないかもしれませんが、小さな仕事を積み重なて信頼を得ていけば、大きな仕事を依頼されるようになります。技術がある人には仕事がくるので、稼げない仕事ではありません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう