個人のセンスも問われる建築模型士の仕事

個人のセンスも問われる建築模型士の仕事

芸術にはセンスが必要といわれていますが、模型作りでも作業者のスキルと一緒に問われてしまうことがあります。建築模型士も図面などを把握しながら仕事をしていきますが、そこでもセンスを問われてしまうことがあります。

完成予想を見据えながら模型を作製する

ビルや一軒家などの物件について、完成予定の形を立体的に模型として表現するのが建築模型士の仕事です。建築物に関する完成予想となる模型を作ることによって、これから完成する予想を立てることができます。どうしても建築関係の打ち合わせにおいて、図面など2次元の状態で行うことが多くなります。しかし図面だと2次元になっているため、なかなかイメージがつかずわかりにくいところもあります。そこで図面でイメージが掴めない時、建築模型を活用して表現することになります。設計者の意図をプレゼンテーションや綿密にコミュニケーションを取りながら把握していき、模型を作る際にセンスを活かして作り出していきます。色々な角度から、完成予定の建築物を理解することができるでしょう。

手先の器用さだけが問われるポイントではない

センスが問われる建築模型士ですが、向いている人は手先が器用なだけではありません。基本的に細かいパーツを複数組み合わせることによって、建築物の完成形を模型として製作する職業となります。そこで手先の器用さを要求されますが、どうしても長期間になるので根気も必要になる作業になります。建築模型士は繊細な作業も苦にならなければ、非常に楽しく仕事をすることができます。さらに建築物の模型はプレゼンテーションなどを活用されるので、依頼を受けた時に納期を守れるかどうかもポイントです。仕事においてスケジュールをしっかりと管理する能力も必須といえるでしょう。また建築関連の知識も必要となるので、品質の高い建築模型を製作する際に生かせるようにしましょう。

特別な資格がなくても仕事を行うことができる

建築模型士になるために必要な資格などを探している人がいますが、基本的には特別な資格を要することはない職種です。しかし建築関連の基礎知識は必要で、建築に関する図面を正しく理解しながら模型を作成します。建築事務所などでもスキルを求められるので、決して必須となる資格を求められることはありません。知識と経験を重ねていきながら、未経験でもセンスを問われるでしょう。副業としてスタートする際にも同様ですが、通信講座によっては独自の資格を取得することができます。必要な資格は特にありませんが、資格取得によって仕事の幅を広げていくことができます。そしてスキルを客観的にアピールしていくことができるでしょう。

まとめ

センスが基本的に問われる建築模型士ですが、仕事としても成立します。様々な建築物の模型を製作していく中で、顧客のニーズなどを把握しながら進めていきます。そして完成品がニーズに合致することによって、スキルアップを重ねていくことができるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう