建築模型士という職業の将来性に関して

建築模型士という職業の将来性に関して

建設予定の建物のミニチュアを専門に作る職業に建築模型士という仕事があります。あまり聞きなれないこの職業ですが、この職業に従事した場合将来性はあるのでしょうか。また安定した収入を獲得することが出来るのでしょうか。

企業に所属している場合の将来性

一般的に建築模型士として活躍したいと考えた場合、設計事務所やハウスメーカーに就職することから始まります。というのも、専門で建築模型士を募集している会社は非常に少ないからです。一旦企業に就職した後は、様々な業務を経験し、そんな業務の一つとして建築模型の仕事を行うことになります。必ず必要な資格もないことから、給料は一般的な社員と大差はありません。しかし企業に所属している場合は、様々なことを経験することが出来るため、将来性はあると言えます。ではフリーランスとして活躍する場合、将来性はあるのでしょうか。

フリーランスの場合はその人の腕による

記事のイメージ画像

フリーランスとして活躍する場合、その人の腕によって将来性の有無が大きく左右されます。というのも、フリーランスなどに対して回ってくる案件は単価の安い模型である場合が多く、決して稼げる仕事ではありません。そのため、生活をしていくためには少しでも多くの模型を受注し、仕上げていくことが重要となります。特にフリーランスとして活動を始めたばかりの場合は中々仕事も回ってこないことから厳しい生活を余儀なくされます。そのため、将来性に関してはその人の腕によって大きく左右されます。企業に所属している時にしっかりと基礎を学び、フリーランスとして活躍できる力を磨きましょう。

仕事がなくなることは決してない

近年CG技術等を活用し立体的な画像をパソコン上で表示する機能が現れました。しかし、それでも建築模型士の仕事にはかなうことが出来ません。だからこそ仕事がなくなることは決してありません。そう言った面では将来性のある仕事と言えます。ただ、専門の建築模型士として仕事をして行く場合、安定的な仕事、そして収入を獲得することが出来るかといった点は定かではありません。安定的な仕事を受注し、安定した収入を獲得するためにはある程度の技術と実績が必要となってきます。だからこそ、ご自身の腕を日々磨くことが将来性に大きく左右されます。

まとめ

建築模型士として働いていきたい、確実に生活をして行きたいと考えた場合は将来性のある企業に所属することが重要です。しかしご自身の腕に自信がある場合は、フリーランスとして活躍しても確実に生活をして行くことが出来ます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう