建築模型士のやりがいを知っておこう

建築模型士のやりがいを知っておこう

建築関係の仕事で、依頼者に完成品がどのようなものなのかイメージしてもらうために模型を作成する建築模型士という仕事があります。そこで、建築関係に進むのなら、この仕事を行っていく中でのやりがいなどを知っておくといいかもしれません。

自分の作ったものをシンプルに表現することができる

建築の仕事をするときには、依頼者の方の望む形になっているのか打ち合わせをするということがあります。そして依頼者の方の多くは図面などを見てもわからない部分が多いので、模型を作成してわかりやすく完成品をイメージしてもらう必要があります。そして、その際には建築模型士の方が活躍するのですが、スチレンボードなどの素材を組み合わせて窓の位置や建物の形状などを表現していきますので、シンプルかつわかりやすい模型を作っていきます。製作中はイメージを広げながら作ることもできるためそこをやりがいと感じていくこともできるでしょう。

複雑なものを作るのが好きというのなら

建築模型士は依頼された建築物を小スケールで模型としていくことが仕事で、自分の手で模型を作成していくことができるため、こだわりを持って作成していくことができます。そしてとても大きな仕事や公共建築物などであればリアリティのある複雑な模型を依頼されることもあります。例えば塗装を求められている物もあれば、装飾や質感なども表現してもらいたいという依頼もあります。ですので、作っていくことが得意だというのであれば、それをやりがいと感じていくことができますし、段階を踏むごとに形になりますので、楽しみながら作っていくことができるでしょう。

依頼者からの意見と感謝を聞ける

模型を作成していく中では、実際にその形でいいのかを考えていくために何度も打ち合わせが行われます。そして打ち合わせの都度、現状からの改善点や改良点、その他にも新しいアイデアなどを話し合っていきます。そのため、話し合いを重ねていくたびに、よりクオリティの高い作品を完成させることができるでしょう。また完成後は依頼者から感謝されることも多く、自分が作成した模型をほしいという方もいます。楽しく作っていくことができ、感謝してもらえるやりがいある仕事ですので、興味があるという方は目指してみられるのもいいかもしれません。

まとめ

建築模型士は模型の作成がメインとなる仕事で、打ち合わせのたびに改善や改良を行っていきます。そのため忙しいこともありますが、自分のイメージを形に出来る仕事ですのでやりがいを持ちながら働ける職業と言えるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
最近人気の建築模型士の給料と仕事とは
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう