最近人気の建築模型士の給料と仕事とは

最近人気の建築模型士の給料と仕事とは

現代では様々な職業が増え、多くの働き方が見られる様になりました。その中でも今注目を浴びているのが、建築模型士という職業です。聞いたことがないという人も多いとは思いますので建築模型士について、詳しく説明したいと思います。

建築模型士とはどんな職業なのか

家を建てる前に、完成見本として小さい模型を見たことがある人もいると思います。それを作成する職業なのですがそれを専門にしている人は少なく、基本的には建築事務所やハウスメーカーの仕事の一部とされる場合が多いです。作業は完成した模型そのものが小さいので細かい部品を取り扱う繊細さと、ひたすらに地道な作業を続ける集中力が要求されます。それだけではなく、建物の説明に使われることが多いので設計図などに対する理解力も必要になってきます。そして主に使用されるのはビジネスの場なので、納期やスケジュールの管理など、仕事としての責任感も当然必要です。

建築模型士の給料はどのくらいなのか

給料は雇用形態などによって異なりますが、設計事務所などに就職した場合給料はだいたい20万円前後で、他の業務も並行して行う場合は年収300万から400万程度が基本になります。勤務時間なども土日出勤になることが多いですが、平均的なサラリーマンと同じ9時から17時が中心です。フリーランスが個人で作成する場合は、制作個数によって給料が変動しますが、大きなプロジェクトで他の模型士と協力して作ることがない限り、数千円から数万円程度のものを取り扱うのがほとんどです。休日に制限はありませんが、納期の都合があり仕事が増えれば増えるほど忙しくなります。代理はいませんのでスケジュールや体調の管理には注意が必要です。

建築模型士になるにはどうすればいいのか

建築模型士になりたい人はどうすればいいのでしょうか。一番確実な方法は設計事務所などに就職して一から建築について学び、その中で模型の制作に携わるというやり方です。これは実際に模型士になるまで時間がかかりますが、知識と実力を収入と同時に身につけることができます。次に、通信教育などを利用して独学で勉強するという方法です。こちらは子育て中など、今すぐ時間がとれないという方におすすめします。自分の好きな時間にできるというメリットがある分、自分が身につくまでやり遂げるという覚悟と根気が必要となります。本業があり、建築模型は副業として身につけたい場合は通信講座が便利でしょう。

まとめ

建築模型士は好きな時間にできる副業として人気ですが、仕事を受注したら必ず納期を守れるように予定を組むことが大切です。できることなら前倒しで完成させるくらいの気持ちでのぞみましょう。自分にとって副業でもあくまでビジネスだということを忘れてはいけません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

建築模型の基本的な作り方を理解して仕事などに活かす
建築模型における資格取得のメリットと現場の対応
建築模型士の求人はどのように探すのか
建築模型士は需要がある仕事なのか
建築模型士の収入はどの程度なのか
建築模型士になるにはどうすればよいのか
建築模型士の試験の受験を検討する方へ
副業に最適な建築模型士とは一体
建築模型士の難易度を知っておこう
通信講座で建築模型士を目指そう
内職もできる建築模型士の仕事は図面を見てどれだけ実際の建築物に近づけるかが勝負
建築模型士への転職を考える方へ
建築模型士で稼ぐことは難しいのか
建築模型士として就職したい方に向けて
建築模型士として着実に稼げる方法
歴史ある建築模型士の仕事を把握する
未経験でも建築模型士として仕事ができる
建築模型士としてキャリアアップを目指す方法
建築模型士はフリーランスでも稼ぐことができるのか
スクールなどで学び建築模型士として仕事をする
建築模型士になる方法及び向いてる人のタイプと資格に関連する情報
建築模型士に必要なスキルとは一体
個人のセンスも問われる建築模型士の仕事
建築模型士という職業の将来性に関して
通信教育の教材テキストを活用して建築模型士として仕事をする
建築模型士のやりがいを知っておこう
模型を作る趣味があれば建築模型士を始めよう